咳喘息

咳が長引くときの鑑別診断の一つに 咳喘息 があります。長引く咳の原因は様々ですが咳喘息は日本人に多い疾患です。喘息と異なり特徴的な喘鳴(喘息の時に聞かれる、ゼーゼー、ヒューヒューという音)はありませんが、原因は喘息と同じく、空気の通り道である気道のアレルギー性の炎症によるものです。

症状としては長引く咳が特徴で、深夜から明け方にかけて症状が悪くなることが多いとされていますが、日中に咳が出ることも多く認められます。

診断は ①喘鳴を伴わない咳が8週間以上持続する ②気管支拡張薬が有効 の2つを満たせば確定します。

実際の診断は患者様の症状から行うことが多いのですが、肺癌や結核など重篤な病気を除外するためにレントゲン検査を行ったり、必要に応じて呼吸機能検査を行ったりします。治療は重症度によって異なりますが、基本的には喘息と同様にステロイド薬の吸入やロイコトリエン受容体拮抗薬の内服を行い、症状の改善があるかどうかの評価を行います。治療により多くの場合症状が改善しますが、治療中止により症状が再燃することもあります。治療期間に関しては現時点では明確な知見がなく、当院では症状をみながら2-3ヶ月の治療を行うことが多いのですが、難治性の方は1-2年の治療が必要といわれています。また経過中に30-40%の方が喘鳴を伴う典型的な喘息に移行するとの報告もあり、しっかりとした経過観察が必要です。

笠井医院 kasai-cl.jp