気管支喘息

症状
気管支喘息は発作的に咳や痰が出現し、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーといった呼吸音)を伴って呼吸が苦しくなる病気です。発作は日中にも起こりますが、主に夜間から明け方に増悪する傾向にあります。咳と喘鳴のみの軽症例から、横になることもできないような呼吸困難を自覚したり、命にかかわるような重症例もあります。
また喘息は子供の病気と思われがちですが、喘息患者数は増加傾向と言われており、大人になってから発症する方もまれではありません。

原因
喘息の原因はアレルギーによる気道(空気の通り道)の炎症です。喘息の患者さんの気道は喘息の無い方と比較して様々な刺激に対して過敏になっており、刺激を受けることにより気道の粘膜が腫脹し、痰の量が増えて、気道の内腔が狭くなることにより、喘鳴が出現したり、呼吸が苦しくなったりします。
喘息が悪化する誘因は様々ですが、喫煙や吸入アレルゲン(ダニ、ハウスダスト、動物の上皮、花粉など)、風邪などの感染症、過労、ストレス、薬品や食品の摂取、気候の変化(季節の変わり目など)が代表的です。

診断
診断は多くの場合は発作時の特徴的な喘鳴を聴取することにより行いますが、発作は夜間や明け方に起こることが多いため、昼間の受診時には消失していることもしばしばあります。そのような場合は症状の問診から診断したり、呼吸機能検査や胸部レントゲンなどを行いながら診断を勧めて行きます。また喘息の誘因となるアレルギーを調べるために採血を行って原因を調べることもあります。

治療
喘息の治療は 発作が起こっている時の治療 と 発作を起こらないようにする治療 に分けられます。 喘息の発作を起こしているときには短時間作用型気管支拡張薬(メプチン、サルタノールなど)の吸入を行います。これらの薬剤は即効性があり発作時の症状を和らげてくれます。また発作が重症の時には副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の内服や点滴が必要になることもあります。
喘息発作時の治療は大切ですが、喘息は発作を起こしたときに治療するのでは無く、喘息が起こらないようにコントロールすることが重要になります。重症の喘息を起こしたことのある患者さんや、一定以上の頻度で発作が起こる患者さんはステロイド薬や長時間作用性気管支拡張薬の定期的な吸入(アドエア、シムビコート、レルベア、フルティーフォームなど)やロイコトリエン受容体拮抗薬の内服などを行います。その他重要で難治性喘息に対しては抗IgE抗体などを使った治療も行われるようになってきました。
また喫煙は喘息のコントロールを行ううえで大変大きな障害となります。患者さん本人や家族の方には禁煙が強く推奨されます。

喘息は発作時だけではなく普段からコントロールすることが大切な病気です。また発作の頻度や重症度によって治療も変わってきます。喘息でお悩みの方や心配な方はご相談ください。

笠井医院 kasai-cl.jp